ヒーリングタッチについて

ヒーリングタッチとは?

ヒーリングタッチは、リラックスをもたらす養育的なエネルギーセラピーです。優しいタッチを使って身体的、思考的、感情的、スピリチュアルな健康をバランスさせるのを助けます。全ての年齢層に対して安全に行うことができ、現代医療と調和的、補完的、統合的に働きかけます。

ヒーリングタッチは、人のエネルギーフィールド(バイオフィールド)をクリアにし、活性化し、バランスさせる標準化された非侵襲性のテクニックを収集したものです。ヒーリングタッチは、コヒーレントでバランスのとれたエネルギーフィールドを創り出すのを助け、人が持つ癒しの力を支えます。

アメリカ国立衛生研究所(NIH)の分類において、バイオフィールドセラピー、看護介入法とされているヒーリングタッチは、NANDA-I看護診断基準である「エネルギーフィールドの不均衡」に用いることが可能です。

ヒーリングタッチをもっと知る

 

ヒーリングタッチのベネフィットと研究結果

研究結果は、ヒーリングタッチが、不安の鎮静、うつ症状の軽減、疼痛の緩和、免疫系強化、術後回復促進、首や脊柱の支障に対するケアの補完、スピリチュアルなつながりの深化、がんのケアのサポート、健康・至福感の創出、急性的、慢性的ア症状の緩和、医療・療法提供者のレジリエンスのサポートに対してベネフィットがあることを示唆しています。


ストレスの軽減 不安や落ち込みの軽減 痛みの緩和 免疫機能 術後回復の向上 スピリチュアルなつながりを深める がんのケアのサポート

 

学術研究は、ヒーリングタッチのポシティブな結果のエビデンスを積み重ね続けています。しかし、個人によって、その体験は異なります。

ヒーリングタッチの研究 要旨〝リサーチブリーフ″     ※「Research Brief – Healing Beyond Borders」へ

 

ヒーリングタッチ・セッションについて

最初のセッションでは、ヒーリングタッチの施術に加え、コンサルテーションが行われます。施術者は、受け手の身体的、思考的、感情的状況に関する質問を行い、また、ヒーリングタッチに対する質問に答えます。その後、衣服を着けたまま、マッサージテーブルに横たわり、施術者は、身体または身体から少し離れたところに、手を優しく置きます。セッションは、通常40分から60分です。セッション中またはその後に、深いリラックスや穏やかさを感じたと、受け手より度々報告されています。長期に渡ってヒーリングタッチを受けると積み重ねによる効果が期待できるので、定期的なセッションが推奨されています。

倫理規定・実践基準 実践範囲 ヒーリングタッチ・プラクティショナー・リスト

 

ヒーリングタッチを活用できる場所

ヒーリングタッチは、病院、長期ケア施設、個人経営サロン、ホスピス、スパなど幅広い様々な場所で活用されます。ヒーリングタッチは、1989年に、看護師、マッサージセラピスト、他の医療・ヘルスア専門家、一般の人々の為の生涯教育として作られました。今日、ヒーリングタッチは、大学、医学・看護教育、その他世界中の様々な環境で教えられています。

ヒーリングタッチ活用例  ※Healing Touch SJ 外部ブログサイトへ

ヒーリングタッチ認定プログラム

 

 

 

ページトップへ戻る